ホーム > 健康・福祉・子育て > 保健センターからのお知らせ

更新日:2021年4月7日

ここから本文です。

保健センターからのお知らせ

乳幼児突然死症候群(SIDS)対策

助成事業一覧

  1. 2020年がん患者さん対象【離島旅費助成について】
  2. 養育医療給付申請について
  3. 離島地域不妊治療助成制度について
  4. 産後ケア事業訪問型について
  5. 若年末期がん患者に対する療養支援事業負担金について

2020年がん患者さん対象【離島旅費助成について】

つながる想いがん基金では、がん患者さんへの支援のひとつとして、治療による渡航費用にかかる旅費の一部を助成いたします。

募集期間

2020年8月1日~2021年3月31日

助成を受けることができる方

  • 申請日時点で、鹿児島県の離島に住民票がある方
  • がんの患者さんで、居住する離島以外の医療機関での治療が必要であると主治医が認めた方(標準治療に限ります)
  • 助成確定後、アンケートに協力して下さる方(申請書の□にチェックをお願いします)

助成対象経費

助成の対象となるのは、2020年4月~2021年3月までの治療のための渡航費用です。旅費が含まれたホテルパック代も可です。

助成金額

10,000円(渡航費用が往復1万円に満たない場合は、実費の金額となります。)
※申請は対象者1人につき、1回限りとなります。

申請方法について

「つながる想いがん基金・離島旅費助成申請書」に必要事項を記入し、領収書等のコピー、通帳のコピーを添えて申込先まで郵送でお送り下さい。

必要書類

  1. つながる想いがん基金・離島旅費助成申請書(PDF:136KB)
  2. 旅費がわかる領収書等のコピー
  3. 振込口座「通帳」のコピー(金融機関名、口座番号、口座名義人(カナ)がわかる部分の写し)
※2020年8月1日から受付開始。毎月5日までに申請書をご提出ください。審査結果は、月末までに追ってご連絡致します。先着30名の助成となりますのでお断りすることもございますのでご不明な点はご連絡ください。

申し込み先

鹿児島市下伊敷3-1-7鹿児島県民総合保健センター2F
NPO法人がんサポートかごしま内つながる想いがん募金
電話:099-220-1888

メール:tunagaru@circus.ocn.ne.jp

養育医療給付申請について

事業の概要

養育のため病院又は診療所に入院することを必要とする未熟児に対し、医療費の助成をおこなっています。

対象者

  • 出生時の体重が2,000グラム以下の児
  • 生活力が特に薄弱で医療機関での治療が必要であるもの

申請に必要な書類

  1. 養育医療給付申請書(PDF:57KB)
  2. 指定医療機関が発行する養育医療意見書
  3. 世帯調書(PDF:63KB)
  4. 世帯の所得が証明できるもの(世帯所得課税証明書等)
  5. 母子手帳
  6. 健康保健証または運転免許証の写し
  7. 印鑑(シャチハタ以外の認め印)

離島地域不妊治療助成制度について

事業の概要

  • 特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受診する際の夫婦の交通費と宿泊費の一部を助成。
  • 交通費:1回の治療につき往復9回まで(鹿児島本土までの船又は飛行機)の3分の2を助成。
  • 宿泊費:1回の治療につき上限5,000円の15泊分の宿泊費の3分の2を助成。

1回の治療とは、採卵から妊娠まで、または治療中止まで。

対象者

県から特定不妊治療費の助成(鹿児島県不妊治療費助成事業実施要綱に基づく助成)を受けた夫婦で、中種子町に住所を有していること。ただし、夫婦の住所が異なる場合は、妻が中種子町に住所を有する場合を助成する。

申請に必要な書類

  1. 指定医療機関が発行する不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
  2. 県が発行する不妊治療費助成事業承認決定通知書の写し
  3. 指定医療機関が発行する特定不妊治療費領収書の写し
  4. 交通費及び宿泊費の領収書
  5. 町税を滞納していないことの証明書(納税証明書等)
  6. 中種子町離島地域不妊治療支援事業助成金交付申請書(PDF:46KB)
  7. 中種子町離島地域不妊治療支援事業助成金請求書(PDF:32KB)

産後ケア事業訪問型について

事業の概要

町では、無料で産後に心身の不調、育児不安等がある産婦に対して、助産師、保健師又は看護師が訪問し、必要なケアや育児サポート等支援をおこなっています。
産後ケア事業の利用は、1人につき10回限りで、利用時間は1回につき120分までとなっています。ただし特に必要と認めた場合は延長できることもあります。

訪問内容

  1. お母さんのケア(乳房ケア、健康状態チェック等)
  2. 赤ちゃんのケア(健康状態、発育・発達等)
  3. 育児サポート(育児相談、授乳方法、沐浴等)

対象者

中種子町に住所を有する出産後1年を経過しない女子および乳児

※医療行為の必要な方は、利用できない場合があります。

申請に必要な書類

  1. 産後ケア事業訪問型利用申請書(PDF:114KB)
  2. 町税を滞納していないことの証明書(納税証明書等)

若年末期がん患者に対する療養支援事業負担金について

中種子町では、40歳未満の患者さまが、住み慣れた自宅で安心した生活が送られるよう、在宅サービス利用料の一部を助成します。

  1. 若年末期がん患者に対する療養支援事業について(チラシ)(PDF:218KB)
  2. 申請の流れ(PDF:45KB)
  3. 様式第1号(利用申請書)(PDF:71KB)
  4. 様式第2号(意見書)(PDF:57KB)

お問い合わせ

中種子町保健センター

電話:0997-27-1133

ファックス:0997-24-2020
E_mail:naka-senter@town.nakatane.kagoshima.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

町民保健課保健予防係(中種子町保健センター)

〒891-3604 鹿児島県熊毛郡中種子町野間6662番地

電話番号:0997-27-1133

ファックス:0997-24-2020

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る