ホーム > くらし > 防災・防犯 > 防災 > 危機管理 > ブロック塀などの安全対策

更新日:2018年7月19日

ここから本文です。

ブロック塀などの安全対策

平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震(震度6弱)により、ブロック塀や組積造の塀が倒壊し、死傷者が出るなど大きな被害が発生しました。

倒壊したブロック塀などは、通行人に危害を及ぼすだけでなく、道路をふさぎ、被害者の避難や救助活動を妨げます。建築基準法の規定を満たすブロック塀などは、大きな地震にも耐えることができますが、厳しい自然環境のもとで年数とともに老朽化し、ブロックのひび割れや欠け、鉄筋のさび、塀の傾きなどが発生します。

ブロック塀などの維持管理は、所有者・管理者の責任であり、「ブロック塀の点検チェックポイント」を用いて点検・診断し、危険性が確認された場合には、建築士や専門業者に相談するとともに、付近通行者へのすみやかな注意表示および補修・撤去などの対応をお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設課建築係

〒891-3692 鹿児島県熊毛郡中種子町野間5186番地

電話番号:0997-27-1111

ファックス:0997-27-3634

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る