ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 伝統芸能 > 中種子町の郷土芸能

更新日:2018年1月18日

ここから本文です。

中種子町の郷土芸能

昔から種子島にはたくさんの唄や踊りがあり、民謡の宝庫といわれてきました。もちろん中種子町にも、各集落に数多くの郷土芸能が伝わっています。しかし、近年の人口減少・過疎化の影響などから後継者不足が深刻化し、その継承が難しくなってきているのが現状です。

郷土芸能には、各地で唄い継がれてきた民謡や、祈願祭・大祭などで踊り継がれてきた大踊りなどがあります。

大踊り

その名の通り、二十数名から数十名の大集団で踊ります。種子島の大踊りには何通りかありますが、それぞれ共通する特色を持っています。概ね

  1. 大太鼓・小太鼓(入れ鼓)・鉦で構成され、唄がつく
  2. 踊りの構成によって隊形が刻々と変化する
  3. 太鼓を打つ人は花柄の襦袢に鉢巻き姿、小太鼓・鉦は花笠をかぶり袈裟を掛けている

…などが挙げられます。

花笠姿の入れ鼓の周りを武士姿の唄い手が囲む武士踊り、舞が美しく優雅な源太郎踊り、鎧をつけ軍配を持って踊る雷踊りなどが主なもので、それぞれに色々な唄があります。

※源太郎踊りについては「町内の国・県指定文化財」のページ参照

原之里集落大踊 桐のまないた(平成18年3月5日)

平鍋集落大踊 しんご踊り(平成17年11月12日)

中踊り

大踊りよりも規模が小さく、太鼓・入れ鼓・鉦それぞれ1~2名程度で、服装も比較的単純です。「弁慶踊り」や「なぎなた踊り」「鎌踊り」などが代表格です。

町連合青年団 琉球人踊り(平成16年11月6日)

町連合青年団 なぎなた踊り(平成18年11月18日)

民謡等

全国各地に伝わる民謡ですが、種子島にもたくさんの民謡が伝わっています。ここではそのうち代表的なものを挙げてみましょう。

草切り節

牛馬の餌となる草を刈りながら歌ったといわれています。その歌詞は『歌の数々一万五千』と歌われるほど種類が豊富です。

『噛めよ車よ回れよシンギ 汁も溜まれば夜も明くんどう』(黒砂糖を造るためサトウキビを絞る様子を歌ったもの)、『草は切りても束りが細よ かるて(背負って)帰るが恥ずかしか』など当時の様子を時にはコミカルに歌い上げます。

増田節・周袈裟(しゅうけさ)節

元々は「増田節」「周袈裟節」と別々の歌でしたが、今日ではいっしょになって「増田周袈裟節」として歌われています。

増田節は、『増田前浦 石(こく)の高い所 さげてたもれよ増田の石を 風門 畝づまり 潮がかり』と、当時の増田地区の様子を歌っています。

また周袈裟節は、増田地区に実在した「ケサ」という女性を歌ったものです。器量も良く才知に富み、愛嬌のあったケサは、牧場の払い下げや年貢の減額など様々な功績を残し有名になり、歌に歌われるようになりました。『増田周袈裟女は本源寺の鐘よ 響き渡らぬ村はない』

めでた節

『めでためでたの若松様よ 枝も栄える葉もしげる』と歌われるこの祝歌は、結婚式や新築落成、七草などお祝いの席で地元集落の方々によって披露されるなど、各集落で今でも大切に歌い継がれています。

お問い合わせ

社会教育課文化係(種子島こりーな)

〒891-3604 鹿児島県熊毛郡中種子町野間6410番地1

電話番号:0997-27-3711

ファックス:0997-27-3811

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る