ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 山村留学 > 実施要綱

更新日:2018年1月18日

ここから本文です。

実施要綱

「たねがしま留学里親制度」実施要綱

1.目的

この制度は中種子町内の小学校に入学、または転学を希望する児童に対し、校区内の受け入れ保護者(以下「里親」)の協力を得て実施し、自然体験や宇宙少年団活動等を通じて地元児童との相関により教育効果の向上と振興を期し、併せて地域の活性化を図る。

2.組織

前項目的の達成のために、たねがしま留学里親制度連絡協議会(以下「協議会」)を設置し、以下の加盟小学校にそれぞれ実施委員会を置く。

(加盟小学校)中種子町立岩岡小学校~岩岡小学校たねがしま留学里親制度実施委員会

3.募集基準

本制度により受け入れのできる児童は、次のとおりとする。

  1. 他地区(島外)の実親の元を離れて中種子町内の小学校への就学を希望し、当該校区内の里親宅から通学する児童。
  2. 豊かな体験と創造性を培い思い出を大切にし、第二の故郷を求める児童。
  3. 黒潮の恵みあふれる種子島の大自然の中で、健やかで伸び伸びとした環境体験を希望する児童。
  4. 小学校1年生から小学校6年生までの児童。

4.期間

期間は1年間とし、継続も認める。

5.契約事項

本制度に適合し、受け入れを決定された実親及び児童は、次の各項を実行すること。

  1. 本校区内に住民登録する。
  2. 健康保険証を持参する。
  3. 委員会の立ち会いのうえで、里親との契約を締結する。
  4. 寝具類は持参する。
  5. 実親及びその家族は、原則として児童への電話を控える。

6.経費

この制度における委託料及び留学生にかかる教育の経費は次のとおりとする。

  1. 委託料(食費等)は、月額60,000円とする。その内訳は実親負担を30,000円・町負担を30,000円として、それぞれ毎前月25日までに実施委員会に納入する。
  2. 物価等を考慮しながら協議会が決定する。
  3. 給食費は、毎前月25日までに実親が実施委員会に納入する。
  4. 実施委員会は、委託料及び給食費合計を毎前月末までに、里親に納入する。
  5. 学校補助教材費、医療費、学用品費、衣料費、遊具類費、通信費、遠足旅行費等、特別活動費(剣道、バレー等、その他にかかる費用)等の費用及び小遣い等の児童にかかる費用は、里親を通じて実親が負担する。

7.里親とその義務

里親の委嘱及び義務は次のとおりとする。

  1. 本制度を充分に理解し、積極的に支援する意志のある家庭の中から、実施委員会が里親として委嘱する。
  2. 里親は実施委員会及び実親との連携を密にしながら留学生を家庭的に養育し、健やかな成長に向けて努力するものとする。
  3. 里親はPTA会員となり、PTA会費を負担するものとする。

8.事故発生時の措置

児童に病気または何らかの事故が発生した時の措置は、以下のとおりとする。

  1. 里親は実情に応じ、適切な措置をとる。
  2. 里親は遅滞なく実親に連絡し、指示を受けると共に実施委員会に連絡する。
  3. 必要に応じ実施委員会が立ち会い、または協議して善処する。

9.帰省

学校の長期休業または児童自身の特別の事情により休学するときは帰省するものとし、実家までの往来は実親または実親の委任を受けた者が引率して行うものとする。

ただし、児童・実親・里親の話し合いによって滞在することもできる。

10.解約

次の各項に該当する場合は実施委員会の立ち会いのうえで協議し、解約することができる。

  1. 児童の問題行動等により、指揮監督・養育が困難であると判断されたとき。
  2. 委託料の未納及び契約違反が生じたとき。
  3. 家庭の事情等により解約希望が出たとき。
  4. 児童の心身に障害が生じ、引き続き就学することが困難であると認められるとき。

11.その他

上記以外の事項については、実親・里親・実施委員会が協議して善処解決を図る。

附則

この要綱は、平成17年4月1日から適用する。

お問い合わせ

教育総務課学校教育係

〒891-3692 鹿児島県熊毛郡中種子町野間5186番地

電話番号:0997-27-1111

ファックス:0997-27-3056

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る