ホーム > 町の情報 > 観光 > 巡る・遊ぶ > 中種子を楽しむために

更新日:2018年2月26日

ここから本文です。

中種子を楽しむために

中種子町空撮

ちょっとしたポイントを意識するだけで、中種子の旅はぐんと面白いものになります。ここでしか見ることのできないものをお楽しみください。

1.島食材を味わおう

春と秋、年二回採れる島の竹の子・ニガタケや、海辺で採れるハマボウフウ(浜セリ)、トンナ(海藻)、ナガラメ(アワビのような貝)など。島バナナはキウイのようなフルーティーな甘みがあり、バナナの常識が覆る美味しさ。島の食材は豊かです。

2.ビーチと空と海をひとりじめ

人が少ない中種子では、まるでプライベートビーチのようにゆったり過ごせます。天気が良ければ、びっくりするほど美しい朝日や夕日を見ることができます。刻々と変わってゆく空の色を眺めているだけで、豊かな気持ちになれます。

3.自分の足で歩いてみよう

レンタカーでの移動が中心になりがちな島旅ですが、あえて車を停めて歩いてみることで、違う風景が見えてくるかもしれません。昔ながらの商店街「旭町通り商店街」は暮らしの風景が見えておススメ。商店街には無料で利用できる町営駐車場もあります。または、ドライブで気になった風景を見つけたら車を降りて、島の風を感じながら歩いてみては。

4.酒の席は島乃泉

中種子で宴会をする時は必ずと言っていいほどこの焼酎。みなさん地元の焼酎を愛しています。もし、地元の方と一緒に飲む機会があれば、これを持っていってみましょう。「知っているねぇ」とコミュニケーションが弾むかも。

5.事前確認や予約はお早めに

中種子には小さな民宿やペンションが多いので、ロケット打ち上げや修学旅行などのタイミングと重なると、すぐ部屋が埋まってしまいます。気になる宿は、早めに予約しておくと安心です。また、不定休のお店も多いので、行きたいお店には電話確認しておくと確実です。

6.天候に注意

台風や波の状況によっては、船が欠航になることも。嵐の時に無理は禁物です。事前に天気予報をチェックしておくことをお勧めします。とはいえ、急な天候悪化もつきもの。県外から来る人は、いざという時のプランBを考えておくといいかもしれません。

お問い合わせ

企画課地域振興係

〒891-3692 鹿児島県熊毛郡中種子町野間5186番地

電話番号:0997-27-1111

ファックス:0997-27-3634

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

トップへ戻る